フィットのグレード選びで後悔しない為のテクニック

フィットのグレードを選ぶコツ

フィットに限ったことではありませんが、新車購入で頭を悩ませるのがなんといっても「グレード選び」です。フィットのグレードをあまりよくわからないのに商談にのぞめば、簡単に営業マンにバレてしまい、ディーラーの売りたいグレードを売りつけられてしまうでしょう。買ってしまった後でやっぱり、あっちのグレードの方がよかったと思っても後の祭りです。そんな事態を避けるために、事前にグレードについて学んでおくことでフィットの自分の欲しいグレードをきちんと決めておきましょう。

 

ここでは、フィットのグレード選びの注意点を解説しますので、少し長い記事になりますが、ぜひご一読ください。

 

まずはじめに、フィットの主なグレードを把握しましょう。

 

ハイブリッドエンジンのグレード
グレード名 燃費 エコカー減税(取得税/重量税) 価格
ハイブリッド 29.0~36.4km/リットル 100%/100% 169万円~188万円
ハイブリッドFパッケージ 28.2~33.6km/リットル 100%/100% 179万円~199万円
ハイブリッドFパッケージコンフォードエディション(特別仕様車) 28.2~33.6km/リットル 100%/100% 182万円~202万円
ハイブリッドLパッケージ 28.2~33.6km/リットル 100%/100% 195万円~212万円
ハイブリッドSパッケージ 27.6~31.4km/リットル 100%/100% 205万円~222万円

 

ガソリンエンジンのグレード
グレード名 燃費 エコカー減税(取得税/重量税) 価格
13G 20.8~26.0km/リットル 100%/100% 129~149万円
13G・Fパッケージ 20.0~24.6km/リットル 20~60%/20%~25% 142万円~161万円
13G・Fパッケージコンフォードエディション(特別仕様車) 20.0~24.6km/リットル 20~60%/20%~25% 145万円~164万円
13G・Lパッケージ 20.0~24.6km/リットル 20~60%/20%~25% 156万円~175万円
13G・Sパッケージ 20.0~24.2km/リットル 20~60%/20%~25% 166万円~185万円
15XL 19.0~21.8km/リットル 20%/25% 174万円~191万円
RS 19.0~21.4km/リットル  なし/なし 192万円

 

フィットのガソリンエンジンとハイブリッドを選ぶ

 

上記のフィットグレード表で分かるとおり、フィットのグレードはとにかく数が多いです。フィットは特別仕様車もふくめるとグレード数はなんと12種類にも及びます。

 

なのでフィットのグレードは難しいのです、しかし、初めに「ハイブリッド」と「ガソリン」のどちらかに絞り込んでおけば選ぶのはかなり楽になります。

コスト面を考えよう

最初のフィット一覧を見てもらえれば分かるとおり、ハイブリッドとガソリンでは燃費性能に1.5倍近い差があります。

 

ハイブリッド ガソリンエンジン
27.6km~36.4km/リットル 19.0~26.0km/リットル

 

差をわかりやすくするために、1kmあたりの燃料費用を計算してみましょう。

 

※1km走るのに必要なガソリン代

 

ハイブリッド ガソリン
3.3円 4.6円

 

これでわかりやすくなりましたが、フィットの1kmあたりの燃料代の差はなんと1.3円に上ります。(ガソリン1リットル120円で計算)

 

つまり、フィットで10万キロ走ると燃料コストの差は13万円になります。

 

ですが、車体コストはフィットのハイブリッドグレードの方が40万円程度高価です。よって、走行距離だけで考えると、ハイブリッドは20万~25万キロ程度走らないと差額は埋まらないことになります。

 

ただ、フィットのハイブリッドの方が中古車として売るときの価値は高くなります。また、エコカー減税でも差がつきますので購入時のコストは3~4万円安くなります。

 

これらのさまざまな条件を計算に入れると、「10万キロ程度走るかどうか」が、フィットのハイブリッドとガソリンのどちらを買った方がコスト面で安くつくのかの分かれ目になります。

 

ハイブリッドを買った方がいい人 ガソリンエンジンを買った方がいい人

・燃費性能が高いほうがいい
・フィットを10万キロ以上は乗る予定
・給油回数が少なくしたい
・ちょっとでもパワーがある車がいい(※1)
・いずれフィットを中古車として高く売るつもり(※2)

・フィットの購入コストを下げたい
・数年でフィットを乗り換える(5万キロ程度で乗り換える)予定(※3)

 

※1 フィットハイブリッドはモーターが追加される分、ガソリンエンジン車よりもパワーがあります。
※2 ハイブリッドの方が中古車販売価格が上ですから、乗り換えで売るときに高い価格で売却できるでしょう。
※3 5万キロ程度しか走らない場合、燃費コスト差をペイできないのでハイブリッドの方がトータルコストは高くなります 。

 

ハイブリッドを選択した場合

フィットハイブリッドに絞り込んだ時のグレード選びを検討していきます。

 

フィットはハイブリッドだけでも5種類あるのでグレード選びは難しそうですが、実は選ぶ際の基準となるポイントを押さえておけばそんなに難しいことではないのです。

 

フィットのグレード一覧を見るとわかりますが、

 

・無印
・Fパッケージ
・Lパッケージ
・Sパッケージ

 

の4種類があります。

 

そしてこれら4グレードの差=装備充実度の差なのです。

 

無印 -
Fパッケージ ナビ装着用スペシャルパッケージ、セキュリティアラーム、エアコンにプラズマクラスター、電動格納式リモコンカラードドアミラー
Lパッケージ (Fパッケージの機能に加えて)LEDヘッドライト、あんしんパッケージ、クルーズコントロール
Sパッケージ (Lパッケージの機能に加えて)パドルシフト、アルミホイール

 

Fパッケージは無印と比較すると、快適装備が追加されています。そしてLパッケージでは安全装備の追加、Sパッケージでは足回りがスポーティになっています。

 

フィットのグレードが上がる毎に少しずつ装備が追加されていきますので、表を見て自分にとってどこまで装備が必要なのかを見極めましょう。

 

いずれも必要ではないと感じたら一番安い無印ということになります。

 

特別仕様車について

 

同じくグレード一覧を眺めていると、Fパッケージには特別仕様車があることがわかります。

 

これは人気グレードでありコストパフォーマンスのいい、Fパッケージに特別装備を搭載したグレードになります。

 

特別仕様車で追加される主な装備
360° スーパーUV・IRカット パッケージ、運転席&助手席シートヒーター

 

これらの装備が追加されます。それぞれそこまでフィットを買うにあたって重要度の高い装備ではありませんので、あくまでFパッケージの購入を決めた時点で、さらなる選択肢の一つとして考えるという選び方がいいでしょう。

 

ハイブリッドのおすすめグレードは?

 

まずフィットの無印は装備が少なすぎるので選択肢から外れます、コストパフォーマンスの高いFパッケージを選んでおくのが一番いい選択でしょう。Lパッケージとの差額は20万円ですので、ここまでの表を確認して差額に見合うものであると考えるならばLパッケージも悪くない選択です。

 

フィットはかなりグレードごとの人気が偏っている車種です。上位二位ハイブリッドFパッケージとハイブリッドLパッケージにかなりの人気が集中しています。ただ、この二者ほとんど人気は変わりませんので、どちらも甲乙つけがたいクオリティの高いグレードになっているということです。そこに少し離れてハイブリッドSパッケージという序列になっています。

 

実に上位二位のグレードがフィット全体の8割を占めています、人気が高ければ絶対いい物というわけではありませんが、ここまで圧倒的であれば、高い品質の裏付けになります。コストパフォーマンスのFパッケージ。安全性能のLパッケージこのどちらかに決まりでしょう。

 

ガソリンエンジンのおすすめグレードは?

 

フィットのハイブリッドの燃費性能があまりにも圧倒的ですしエコカー減税でも優遇されていますので、ガソリングレードを買う人はあまりいないかもしれません。ですが、すでに説明した通り数年しか乗らないのであればコスト的にはガソリンエンジンの方が安いのも事実です。なのでガソリングレードを選ぶ場合も考えておきましょう。

 

選び方はハイブリッドの場合と同じで、パッケージをどうするか決めてFパッケージにするならば特別仕様車をどうするか、といった考え方でOKです。

 

ガソリングレードも装備構成はほぼハイブリッドと同じですから、Fパッケージはお買い得、Lパッケージは安全性能重視となっています。選ぶ際の考えた方は一緒でいいでしょう。

 

ハイブリットと違うのは15XLとRSグレードの存在です。フィットに求められているのは大部分が燃費性能であったり、車体価格の安さだと思います。ですから、走りを追求した15XLやRSはあまりおすすめできないグレードになっています。

 

フィットの人気グレードはどれ?

 

ランキング グレード名 比率
1位 ハイブリッドFパッケージ 40.9%
2位 ハイブリッドLパッケージ 40.5%
3位 ハイブリッドSパッケージ 16.8%
表を見ていただければわかる様に、圧倒的なハイブリッド人気となっています。3位までの合計は95%を超えています。ハイブリッドの項目でも説明しましたが、上位2位を選んでおけばまず間違いないでしょう。コストパフォーマンスに優れたFパッケージと安全性能の高いLパッケージは甲乙つけがたいのですが、それがフィットの人気ランキングにも反映された形となっています。